推薦商品
秦権の壷
容量: 450cc
在庫数: 1
価格: ¥1,486,000.00
瑞祥の壷
容量: 380cc
在庫数: 1
価格: ¥1,086,000.00
僧帽の壷
容量: 300cc
在庫数: 1
価格: ¥1,486,000.00
标签模块
焼く
材料の選び
製作
仕上げ
アフターサービス
焼く

現在の紫砂壶の焼くについて、主に竜の窯、ベルトコンベヤータイプの窯、電気窯を利用しています。近代化の程度が高いほど、製品が素晴らしくなります。同時に、古代の壷ともほとんど違います。

竜の窯、ベルトコンベヤータイプの窯と電気窯の差は主に以下の2点に分かれます。1.熱源の違いと2.構成の違います。この二つの差により仕上げた製品の品質にもそれぞれに変わります。

製品に対して評価する場合、三つの要素があります。1.焼きたての硬さ(焼き度)2.視覚効果「例え:色」3.手触り感じ「例え:ざらざら」

焼き度は焼き温度に関わる、どんなタイプの窯にしても、どんな焼き方法にしても、温度が一致(温度さとその維持時間が一致)であれば、仕上げの焼き度は同じです。

この三つの窯の焼き効果の区別は主に「視覚の効果」と「手触り」に表れます。

製品の効果に影響するのは温度の高さとその維持時間だと思われます。(実は火の状態「ホコリが起きるかどうか」も注意する必要があります。)

材料の選び

材料の選びは紫砂壷の品質に決めることです。紫砂壷の内外がうわ薬が塗らなく、材料が清浄かどうかは焼き上がりの色と表の質感に直接の影響を与えます。

材料を選ぶ前、種類違いな鉱石を分類しておいて、分類の細かいほど、鉱石の本質が体現できます。それに、不純物を鉱石から取り除きます。たとえば、土、砂など。それに、露天の場所で、平らに広げて風化されます。

紫砂壷は普通成層状なので、選んだ大きな鉱石の中にまだ各種の不純物がありますから、小さに風化されて、それに、まじめで手工で選び取ります。

風化する前に選び取ると、ある不純物がその過程で粉砕して溶化されることを防止できます。

風化すると、鉱石材料の粉砕、篩い分け、純化、陳腐や練泥などの仕上げを経て、最後は加工済みの泥になります。


製作

  紫砂壷の生産過程は主に泥を打つ、壷の身を造り、壺の底、壷の口、ハンドル、かけ蓋を作ることと、後期の調整し、そして窯に入れて焼くことになります。紫砂壷の作るには2人以上の専門職人が必要です。


ステップ

1.    泥を条状に作る

泥の湿度が適切しないと、壷の身を囲むときが良くになりません。泥のサイズは要求に従って長方形にして、均一な厚さが約3mm。壷の大きさにより、身を適当に厚くするまたは薄くします。

2.    泥を片に作る

3.    厚さが均一でまん丸、壺の底部分は約3mm厚さのを1つ、蓋の片を2.8mm、底の縁が2mm、口の取っ手の厚さが要件

  に従って、壷口の線が3mm、壷の身の厚さが6mmです。

4.    壷の身を作る

ロータリーの円心を中心にして、同じの直径で泥を囲んで、泥の縁の湿度をある程度に維持して、壷の形を調整するときは回転スピードが均一で、力やリズムも一致することが必要です。

5.    壷の身を修整する

製品が完璧にさせるため、木片で壷の身を円滑に調整して、叩くリズムが速くて、力の均一も必要です。

6.     曲線をスムーズにする

木片を使って、均一な力で穏やかに壷の曲線をスムーズに作ります。

7.    底の縁を取り付ける

底の縁は適当な厚さで作らなければなりません。底の片の直径は実物の直径より約12mm小さくなります。

8.     壺の口を作る

9.    壷の口をつける

10.   口の線をつける

11.   口の線を調整する

12.   ハンドルを作って調整する

13.   口を打ち抜いて、整理する

14.   口の取っ手を修整する

15.   蓋を作る

16.   蓋上部の取っ手を作る

17.   蓋上部の取っ手をつける


仕上げ

部分の紫砂製品は焼いてから、光沢仕上げとワックスかけが必要です。それに、ある製品は銅をかぶせる、金糸と銀糸をはめ込むこともあります。


アフターサービス

紫砂製品に関して、何かご不明があれば、いつでもお問い合わせください。